オースティン日本コミュニティ(AJC)の起源

オースティン日本コミュニティ(AJC)は以前、オースティン社会人会として親しまれていました。

オースティン社会人会は、今は亡き宮田みちこさん(2014年9月25日他界)によって2001年にスタートしました。 宮田さんは、当時まだまだ日本人が少ないオースティンに、日本から赴任で来ている方々のための交流の場を作りたい、という願いから、JETRO(ジェトロ)テキサス州担当(2001年から2004年)でオースティンに赴任されていた大西さんと、東京エレクトロンの春原(すのはら)さんに呼びかけ、お二人を共同代表として三人でオースティン社会人会をスタートさせました。

社会人会の代表は赴任が終わる度に変わりましたが、宮田さんは会の事務局役だけではなく、テキサス大学の日本語グループのボランティアなど、多岐に渡って13年間オースティンの日本人コミュニティー作りに貢献して下さいました。

又、宮田さんは サンアントニオの会合にも頻繁に顔を出して交流を深めたり、 ヒューストンに足を運んで領事館のイベントに参加されたり、更にはアジア文化センターの活動にも、積極的に参加されていました。大西さんは宮田さんのことを『とにかく日本を愛し、日本人を愛することにかけては、誰にも負けない人』と振り返っておられました。

この社会人会も、オースティンの日本人の増加と共に『社会人だけでなく、ご家族、学生さん、日本語を学んでる人たちや日本が好きな人達みんなのためのコミュニティーにしたい』、という今のボードメンバー(役員)達の願いから、2017年4月に名称を「オースティン社会人会」から「Austin Japan Community」に変更しました。 日本語では、オースティン日本コミュニティー、もしくは AJC とよばれています。

活動内容

AJCは以下5つの事に貢献するために努力しています:
– Austinエリアに住む日本人・日本に関係する方々にとってのより良いコミュニティーづくり
– 日本グループとしての地域貢献
– Austin外の都市・州とのネットワークづくり
– 日本とオースティンの架け橋
– 他のアジアンコミュニティーとの交流

コミュニティー貢献に興味のある方、私たちと一緒に日本のより良いRepresentation作りをしませんか?こちらから是非ご連絡下さい。